YAHOO! JAPANニュース

Yahoo!ニュースに掲載されました。

YAHOO! NEWS has published our showroom design

ー掲載記事ー

未確認飛行物•••? 実はショールーム 兵庫・姫路

神戸新聞NEXT4月6日(水)16時0分配信

 

宇 宙 船 が 夕 闇 に 降 り 立 っ た ー 。 照 明 に 浮 か び 上 が る シ ル エ ッ  ト の 正 体 は 、 革 の 生 地 を P R  す るシ  ョ ー ル ー ム 。 兵庫県 姫路市 に お 目 見 え し 、 話 題を 集 め て い る 。 内装 も 近未来 を 連 想 さ せ る 造 り で 、 ジ ャ ン グ ル ジ ム に 似 た 巨 大 な 陳 列 棚 は 1 万 枚 以 上 で 埋 ま り 、 豊 富 な 品 揃 い を ア ピ ー ル し て い る ( 山 崎   竜 )

姫路市 四 郷 町 山 脇 の 「 三 昌 ( さ ん し ょ う ) レ ザ ー ギ ャ ラ リ ー 」 。 昨 年 4 月 、 皮 革 製 造 販 売 業 「 三 昌 」 が 工 場 脇 の 山 陽 新 幹 線 高 架 沿 い に 開 設 し た 。

建物 は 長 さ 3 3 メ ー ト ル 、 奥 行 き 1 4 メ ー ト ル 、 高 さ 8 メ ー ト ル 。 新 幹 線 か ら の 見 た 目 に も こ だ わ り 、 昨 年 9 月 に は グ ッ ド デザイン 賞 を 受 け 、 建築 業 界 で も 話 題 を 呼 ん で い る 。

「 大 昔 か ら 人 間 が 身 に つ け て き た 革 を 折 り 紙 の 箱 舟 に 載 せ 、 未 来 に 伝 え る 」 。 手 掛 け た 同 市 の 空間デザイナー 松本哲哉 さ ん ( 3 9 ) は イ メ ー ジ を 語 る 。

余り生地の在庫増加に頭を抱えていた同社は4年前、ネット販売を始めた。すると予想を超える数の注文が殺到。「手に取ってじっくり見てほしい」と、ギャラリーの開設を思い立った。

外観 とともにこだわったのは、品数の多さがひと目で分かる陳列棚だ。ヤギや羊の革が1万枚以上並ぶさまは圧巻。迷路のような構造にして、意中の革に出会う楽しみも演出している。

業者や デザイナー のほか、若者の客も多いという。同社の福本真也社長(52)は「レザークラフトの人気が高まっているようで、趣味産業としての可能性も感じる」と新たな展開に期待する。

JR姫路駅から東へ約3キロ。訪問は事前に連絡が必要。日曜・祝日と第2土曜日が休み。同ギャラリーTEL079-240-6903

 

Yhaoo!ニュース
  • It was twilight when the space ship has landed, shortly after the lighting is turned on letting the silhouette to be more recognizable, I was standing in front of the new Leather product’s showroom. I have had the privilege to visit Himeji City, Hyogo prefecture, where I could have an interview and collect information about the spaceship. The interior of this showroom is consonantly futuristic, a huge jungle-gym shaped Display was made allowing to exhibit not less than ten thousand leather products simultaneously. The objective is to show the richness and variety of the products at a single glance. (Ryu Yamazaki)

    Situated in Himeji city, Shigocho-yama-waki, the Sansho Leather Gallery has opened its doors in April of last year (2015) next to the factory and in front of the Shinkansen (Japanese bullet train) elevated tracks.

    The building is 33 meters long, 14 meters in depth, and 8 meters high. Its unique shape is even more appealing seen from the passing-by Shinkansen trains. The project has received the prestigious Good Design award in September pleading for an article in our building section. “This material that has been worn by man since the ancient times had to be carried in an ark and sailed to the future generations” claims company’s president. “I talked about this Image with the Designer Tetsuya Matsumoto (39) who is based in Himeji City”. 4years ago, the company has experienced a troublesome increase in the leather product’s inventory, so it started the online sales. Immediately after that, the sales have increased beyond the expectations; there often was a rush of orders. The idea of establishing a Gallery emerged to allow the customers picking the product carefully and examining it with their proper hands. I was obsessed with the idea of a good appearance display fixture that yet can show the humongous variety of products. A masterpiece that can line up more than ten thousand pieces of leather. Shaping this structure in a way that resembles a maze makes the experience of exploring the leather material much more interesting and funny. In addition to the suppliers and designers, the showrooms have already received many curious young people. The company’s president Fukumoto Shinya (52) claims the popularity of leather craft seems to be increasing, and feels optimistic about the hobby industry possibilities. He said to be looking forward to the new developments.

コメントを残す