WHEN CLASSICAL MEETS SIMPLISTIC: CONTRAST AS A STRATEGY

CLIENT DATA

顧客:
神戸某クリニック
業種:
糖尿病クリニック
工事種別:
内装工事
工期:
約1か月
坪数:
158.00㎡(47.7坪)
所在地:
兵庫県神戸市中央区
TEL:
営業時間:
2017年5月開院
定休日:
WEB:

WHEN CLASSICAL MEETS SIMPLISTIC: CONTRAST AS A STRATEGY
アドバンテージを可視化する空間のコントラスト

兵庫県神戸市に位置する糖尿病専門 クリニック の開院計画でした。当該 クリニック には一般的な診察室や処置室に加え、カウンセリングのためのスペースが大きくとられている。これはこのクリニックが、糖尿病専門のクリニックとして食事指導などを中心に生活改善による治癒に重きを置いているからです。
商業施設同様、患者に選ばれる クリニック を 設計 するには、競合他院との差を明確に伝える仕組みが必要です。
そこで、他院との差別化ポイントであるカウンセリングに使用する空間と、一般的な待合や診察室の空間の雰囲気を明確に分け、空間のコントラストを強調することで、一般的な医療サービスに加え、特別な医療サービスを提供していることを空間構成によって想像させるようデザインを施しました。
This clinic is a diabetes specialized clinic located in Kobe city, Japan. It includes conventional spaces like general examination and treatments rooms, a reception area, waiting area, and a backyard in addition to special counseling rooms. The medical background behind this clinic is to focus on the healing process by natural ways, mainly by giving dietary guidance for diabetes patients. The design process is similar to that of a commercial facility, in order to be an outstanding clinic chosen by clients over competitors; it has to communicate what is different in a clear way. This difference stands in the special counseling services; therefor it was necessary to put a contrast between these rooms and the more common parts of the clinic. From the minimalistic reception desk and waiting room with a bright wooden panels finish, the patient will notice an alternative less bright and cozier counseling room decorated with black classical moldings, shelf-furniture and a vegetal wall, all separated from the waiting area by a thick white minimalistic gate. This contrast will subconsciously inform the patient about the specificity of this clinic and highlights the special service it provides in the counseling rooms.

 

 

Photography

PHOTO スターリン エルメンドルフ