神戸新聞

神 戸 新 聞 に 掲 載 さ れ ま し た 。

ー 掲 載 記 事 ー

未 確 認 飛 行 物 • • • ? 実 は ショールーム 兵庫 ・ 姫路

 

宇 宙 船 が 夕 闇 に 降 り 立 っ た ー 。 照 明 に 浮 か び 上 が る シ ル エ ッ ト の 正 体 は 、 革 の 生 地 を P R す る ショールーム 。 兵庫県 姫路市 に お 目 見 え し 、 話 題 を 集 め て い る 。 内装 も 近未来 を 連 想 さ せ る 造 り で 、 ジ ャ ン グ ル ジ ム に 似 た 巨 大 な 陳 列 棚 は 1 万 枚 以 上 で 埋 ま り 、 豊 富 な 品 揃 い を ア ピ ー ル し て い る ( 山 崎   竜 )

姫路市 四 郷 町 山 脇 の 「 三 昌 ( さ ん し ょ う ) レ ザ ー ギ ャ ラ リ ー 」 。 昨 年 4 月 、 皮 革 製 造 販 売 業 「 三 昌 」 が 工 場 脇 の 山 陽 新幹 線 高 架 沿 いに 開 設 し た 。

建物 は 長 さ 3 3 メ ー ト ル 、 奥 行 き 1 4 メ ー ト ル 、 高 さ 8 メ ー ト ル 。 新 幹 線 か ら の 見 た 目 に も こ だ わ り 、 昨 年 9 月 に は グ ッ ド デザイン 賞 を 受 け 、 建築 業 界 で も 話 題 を 呼 ん で い る 。

「大昔から人間が身につけてきた革を折り紙の箱舟に載せ、未来に伝える」。手掛けた同市の 空間デザイナー 松本哲哉 さん(39)はイメージを語る。

余り生地の在庫増加に頭を抱えていた同社は4年前、ネット販売を始めた。すると予想を超える数の注文が殺到。「手に取ってじっくり見てほしい」と、ギャラリーの開設を思い立った。

外観 とともにこだわったのは、品数の多さがひと目で分かる陳列棚だ。ヤギや羊の革が1万枚以上並ぶさまは圧巻。迷路のような構造にして、意中の革に出会う楽しみも演出している。

業者や デザイナー のほか、若者の客も多いという。同社の福本真也社長(52)は「レザークラフトの人気が高まっているようで、趣味産業としての可能性も感じる」と新たな展開に期待する。

JR 姫路 駅から東へ約3キロ。訪問は事前に連絡が必要。日曜・祝日と第2土曜日が休み。同ギャラリーTEL079-240-6903

2016040620160406-2
ショールーム設計事例 三昌レザーパビリオン
Japanese Architecture & Interior design KTX archiLAB

コメントを残す