ミシュランガイド兵庫2016掲載飲食店

ミシュランガイド兵庫特別版に、設計させて頂いた 飲食店が4店舗掲載されていましたので ご紹介させて頂きます。

ミシュランガイドは、ミシュランの創設者であるアンドレと エドワールの ミシュラン兄弟が、自動車の整備や修理を請けられる場所、上質な宿泊施設、おいしいレストランなど、車での旅に役立つ実用的な情報を提供するため、1900年にフランスで 刊行したのが始まりです。

今回の「ミシュランガイド 兵庫 2016 特別版」に掲載されている情報は、2015年夏ごろまでに 収集されたものだそうです。

 

ミシュランガイド掲載飲食店1 懐食 睦月(姫路市)

懐食 睦月さんは私が初めて設計させて頂いた日本料理のお店です。

もとはコンビニ撤退跡の物件を飲食店にリノベーションしました。

店舗の至る所に茶道に由来するおもてなしの心を表現しています。

 

オーナーシェフの立つカウンター内から、個室を除く全てのエリアを 見渡すことができるよう設計しています。屋外に立てたルーバーはオーナーシェフの立つ位置を中心に放射線状に配置されており、アプローチを歩いて入口に向かうお客様や、車で到着したお客様に至るまで、オーナーの目が十分に行き届くよう、設計されています。

 

 

 

ミシュランガイド掲載飲食店2 瀬里奈(姫路市)

隣接する2棟の建物(旧:瀬里奈と焼き鳥店撤退跡建物)を各階で水平につなぎ、2棟をドッキングして1つの飲食店にしました。エントランスには、店内外両面から見える、円筒形の生け簀を設置しています。

 

 

 

ミシュランガイド掲載飲食店3 花そば ゆう(姫路市)

築年数の非常に古い木造建物のリノベーションでした。自らそばを打ち、陶芸家でもあるオーナーの明るいキャラクターに合わせ、雰囲気を保ちながらも明るい和食店のイメージに仕上げました。

 

 

 

ミシュランガイド掲載飲食店4 焼肉 呼友(小野市)

敷地の傾斜をそのまま建物の床面に合わせました。
店内の通路はエントランスから徐々に坂道を上がるように傾斜しており、その傾斜の両サイドに円形のテーブル席を配置しています。
坂道の頂上に座敷を配置していました。

 

 

 

自分が設計させて頂いた店舗の味やサービスが評価されると、やはり嬉しいものですね。

 

KTXアーキラボ:松本哲哉